コミックシティ福岡39

こんにちは。

まだまだ寒い日が続きますね。

昨年も2月に福岡市で吹雪くぐらいの大雪になり、元締は大はしゃぎでした。

まさか歩きなれた道でチェーンを装着した車を目にすることになるとは思いもしませんでした。

やはり異常気象なのでしょうか。

この問題に、長らくブログ担当から離れていた修羅王丸の式神・チエコこと美毒丸も、事の重大性を察して調査に乗り出しました。

 

これには元締である修羅王丸もことのほか喜んでいたのですが、

 

 

元締が何気なくつぶやいた、

「めんたいワイドに出ていた川上泰生は今も元気なのだろうか…」

と、数年前まで天神イムズ前から中継で出ていたり、カツラのCMにも出演していたお茶目なおじさんローカルタレントかと思いきや、実は伝説的番組「オレたちひょうきん族」で一世風靡したヒップアップのメンバーで、アダモちゃんの生みの親だったりと、何気に凄い人だったりするのですが、昨今はそのめんたいワイドでもこかどさんすら見なくなってしまったという、あまりにも福岡ローカルな安直発言に大激怒。

調査を放棄して失踪してしまいました。

 

 

 

 

( ^ω^)…

 

 

 

 

 

 

…さて、時はさかのぼり1年以上前。

元締がコミックシティ福岡39(CC福岡39)に参陣した時のお話です。

 

 

福岡で最も大きなサブカルチャーイベント。

それが「Comic City 福岡」です。

同人誌やグッズの即売会、コスプレなどがあるのですが、驚くべきはその来場者数。

元締もその昔テレビで見たという、福岡ドーム(当時)の周りをぐるりと人が列をなす光景に、オタク文化の凄さを感じたといいます。

簡単に言うとコミケ(コミックマーケット)の福岡版みたいなものでしょうか。

そんなコミックシティに、時を経て修羅王丸が参陣しました。

 

ちなみに、その頃にもつぶやきましたが上の画像の元締の好みの娘は青と紫です←

 

 

初の福岡ドーム…ではなく福岡ヤフオクドーム(いまだにこの名称がしっくりこない…)での忍活だ!

と、当初はかなり張り切っていた元締。

この時はまだまだ調子に乗ってポーズを取っていたり、初めて見る同人誌即売会コーナーを興味津々で散歩してみたりしていたのですが、それも本当につかの間の事でした。

 

 

大橋でのハロウィンイベントでも顔なじみとなった、映画泥棒に扮するミヤハチ殿。

彼を見ると一度は羽交い絞めしたくなるのはなぜでしょうか。

 

 

これには驚きました。

まさかのベイマックスです。

ゆるキャラに接するようについついハグしてしまいましたが、会話をするとどうやらテレていたようです。

驚かせて申し訳ないです。

 

さて、参加者がいつのまにかどんどん人が増えてきました。

そんな中レイヤーさんに話しかけられました。

 

 

おやおや、ジェダイです。

背中にはR2-D2を背負っています。

クローンウォーズでアソーカがジャバの息子ロッタをリュックに入れて背負っていたのを思い出します。

しかし、こうすると明らかに元締はダークサイドなシス側ですね。

ちなみに彼について、元締はどこかで見たことがあるような気がすると言っていましたが、果たして真相は如何に…。

 

さて、更に見慣れた顔に出会いました。

 

 

天網と曾根崎です。

思えば彼女たちをこのホームページで紹介するのは初めてですね。

右の黒い、夢見の悪そうな顔をしているのがヤタr…ゲフンゲフン!…天網(てんあみ)。

左の赤い、かろうじてまだまだ親しみやすそうな見た目なのがダビs…曾根崎(そねざき)。

二人の名付け親は元締です。

元々は人間でしたが修羅王丸の式神を目指し、人を捨てて頑張ってここまでの姿に変容してしまったそうです。

そこで元締自身が新たな名を授け、「式神見習い」として今に至ります。

 

…が、元締があまりに気まぐれでテキトー過ぎるためか、二人とも今ではほぼ元の人間に戻ってしまっています。

Twitterのアカウントもほぼ停止状態ですが、よかったらフォローしてあげて下さい。

 

天網アカウント : @tenami_ao

曾根崎アカウント : @sonezaki4

 

さて、写真の撮影場所が先ほどと変わりましたね。

というのも、

 

 

尋常ではない人の多さと熱気に結構人酔いしてしまっていたのでした(汗)

スタジアム内の活動できる場所は、元締も忍者活動で未だかつて経験し得なかったほどの混雑っぷり。

ただただ驚くばかりでしたが、悠長な事も言ってられません。

そこで離れた場所にもうひとつ活動できる場所があると聞き、即避難。

こちらはスタジアムとは打って変わってご覧の状況。

スタッフさん以外誰もいません。逆に落ち着ける。

 

しかしもはや疲労困憊。

なにか口にしたいと思っていると、目の前にポップコーンの文字が、

 

 

 

 

閉まってました。

せめて塩分を摂取しなければと思ったのですが、これでは元締が危険です。

と、麦の炭酸飲料で有名なアサヒの文字が。

喉をとにかく潤さねば…!!

 

 

 

 

閉店ガラガラ。

 

 

手裏剣があったので、

 

 

 

やけくそになった試しに食べてみました(よい子のみんなはマネしないように)。

 

 

 

口の中で刺さって出てこなくなりました(よい子のみんなはマネs(ry)。

※安全なゴム手裏剣です。

 

 

手裏剣はそんな馬鹿なことに使ってはいけません。

ここは忍者の元締らしく、手裏剣投げの指導です。

 

 

 

誰がお前までマネして喰えと(よい子のみn(ry)

※やっぱり安全なゴム手裏剣

 

 

 

いかにもソフトバンクな感じです。

それと同時にダイエー時代が懐かしく思い出されます。

更にもっと昔は平和台球場でした。

やはり野球場っていいですね。

 

 

その後、結局疲労困憊から回復することなく、この日の忍者活動を終えました(汗)

コミックシティに参加する以前、いつかコミケに行ってみたいと話していましたがこれでは夢のまた夢です。

改めて元締は日頃の運動不足改善が急務であることが決定付けられた一日でしたね。

 

 

 

とはいえ、福岡のひとつのシンボルとして、元締も普段から親しんできたドームでの活動には感慨深いものがあったらしく、なんやかんやで楽しかったそうな。

次に参加する時は元締と呼ばれるに相応しいタフネスを見せてもらいたいと思います。

 

 

 

さようなら