黒船デイサービスとはなにか?

こんにちは。

実は先日、我らが元締は新年一発目の忍者活動をしてきておりました。

タイトルにもありますが、「デイサービス」という一見修羅王丸とは無縁のキーワード。

これについて、長らくブログ担当から離れていた修羅王丸の式神・チエコこと美毒丸が、珍しくブログ更新を自らかって出ました。

 

これには元締である修羅王丸もことのほか喜んでいたのですが、

 

 

元締が何気なくつぶやいた、

「人か猿かと話題になったオリバー君は、やっぱり人間な気がしないでもない…」

と、誰がどう見てもただのお猿さんという、既に何十年も前に決着した議論を今だに蒸し返す安直発言に大激怒。

ブログ更新を放棄して失踪してしまいました。

 

 

 

 

( ^ω^)…

 

 

 

 

 

 

…さて、黒船デイサービスですが、まずはその説明の前に、「クロフネマン」について説明せねばなりません。

 

 

 

この眼帯に軍服姿という、元締より4割増しぐらい怪しい姿をした紳士がクロフネマンです←

写真は昨年のクロフネマン初遭遇の時のもの。

この時、元締はいつもの修羅王丸スタイルである忍び装束ではなくスーツ。

覆面レスラーが記者会見の時だけマスク&スーツという、若干世間的なTPOに寄せましたよ的なスタイルに似ているかもしれません。

さて、このクロフネマン、一体何者なのでしょうか?

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

https://kurofunedayservice.jimdo.com/

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

より一層謎は深まりましたね!!

大丈夫。元締にとっても未だに謎です←

黒船デイサービスについても書かれていますが、ホームページを見ても本当に謎だろうなと思います。

 

 

キャラクターとしては謎なままの方が面白いのですが、ひとつ説明しておくと、福祉事業に大変真摯に取り組んでいるお人でした。

デイサービスのクルー(職員さん)もその分野のエキスパートが並び、利用者さんを第一に考えつつも、奇抜な発想で今までの介護施設の常識を変えようとする取り組みは、暗い側面が強調される現在の日本の福祉事業に一石を投じるものとなるでしょう。

 

…と、妙に真面目な話になってしまいましたが、そんな感じです。

そのクロフネマン殿が新たな福祉事業の取り組みとして「黒船デイサービス3号(以下、黒3)」をオープンさせました。

今回修羅王丸は、このデイサービスの落成式に出陣したわけです。

 

 

黒船デイサービス3号・出航式

修羅王丸の出番はイベントのラストとなるヒーローショー「クロフネマンVS.修羅王丸」です。

つまり…クロフネマンは敵…!!!

イベント前日から敵を知る為、黒3に潜伏することにしました。

 

 

とても快適なお部屋をご用意して頂きました。

クルーの皆さんも大変親切で、まさに至れり尽くせりでした。

また行きたいです。

 

…潜伏した元締の大まかな感想をまとめるとこんな感じでした。

一体どこの旅行サイトの高評価レビューでしょうか。

こういう時の元締はまったく役に立ちません。

しかもテンション上がりすぎて黒3の内部の写真も撮り損ねています。

 

 

さてイベント当日。

唯一撮った外観の写真も逆光で台無しという残念さですが、イベント日和ないい天気となりました。

 

 

クルーとホワクマ殿。

ホワクマ殿はこの日のために長崎県大村市から朝3時に起きて車でやっt…ゲフンゲフン!

…冬眠を中断して(たぶん)やって来ました。

クルーの皆さんは本当に船の乗組員な恰好をしていたり、デイサービス内もそこかしこに細かいネタが仕込まれています。

「デイサービス=黒船であり基地」という世界観をしっかり表しています。

 

 

クロフネマン殿は簡単に言うと、黒船をモチーフとした福祉事業のキャラクターなわけです。

クルーの中にはいたいけな童たちも居り、利用者さん達に笑顔を届けているのでしょう。

本当にアットホームな感じですね。

 

 

屋上にはなんと大砲が。

秘密基地っぽさに拍車を掛けています。

「放てーっ!!」と吶喊したくなります。

 

 

さて、あっという間にヒーローショーの時間です。

クロフネマンと修羅王丸によるスペシャルコラボショー。

 

 

先ほどまでのほのぼのムードから一転して緊迫した場面に。

そして戦い…

ショーの動画が上がると思いますので詳細は伏せておきますね。

 

 

すべてのイベントが終わり記念撮影。

左からホワクマ殿、クロフネマン殿、W→FORCE(syami殿&優綺殿)、修羅王丸を知っている人にはお馴染みのバナナマン・シート卿。

W→FORCEのお二人は今回初めてお会いしましたが、なんと魔法使いと妖精なのだとか…

 

 

 

…( ^ω^)

 

 

 

さて、最後はクロフネマンポーズビシッと〆ました。

 

その後は再び屋上へ。

 

 

屋上でも記念撮影。

左の青い服を着た妙齢の女性は門司港のイベント「トロッコ列車VS.チャレンジャー」のスタッフさんです。

新しいサポートプランを提案しに来た保険の人ではありません。

さて、手前に何か映っていますね。

これはなにかというと、

 

 

なんとジャグジーバスが!!

花まで浮かべてとてもゴージャスな仕様です。

気分はまさに富裕層。トランプタワーに住むかここでジャグジーに入るか、というレベル。

北九州都市高速道路1号線を眺めながらシャンパンでも傾けましょう。

 

クロフネマン殿のお隣は怪人ネグレクター殿。

若干ス○ーウォーズのキャラクターっぽい衣装が気になりますが、クロフネマン殿の宿敵です。

宿敵と言いつつ、実は仲がいいのではないかと思ったりしちゃったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

……………

 

 

 

 

…なにか悪い夢を見ているみたいですね(汗)

 

 

 

さて、ここで1階に降りてみます。

 

 

 

 

 

…シュール過ぎてよくわからないことに。

 

利用者さんの為の機械を使ってのトレーニングに使用されます。

なぜか4人でトレーニングしてみましたが、とても同一世界の住人とは思えません。

しかしこう見るとなかなか面白い取り合わせですね。

 

 

下半身へのアプローチを積極的に行います。

元締もシェイプシェイプ!

 

 

元締と触れ合う女の子。

ハグまでしてくれるくらい修羅王丸のことを気に入ってくれたようです。

 

 

 

とてもこの画像の数分前まで、元締を怖がって大泣きしていたとは思えません。

 

女心と秋の空です←

 

そしてここぞとばかりに童とのふれあい写真を3枚も使って好感度を上げようと試みてみましたが、効果のほどははたしてあるのでしょうか←

 

 

最後は黒船デイサービス・クルーの皆さんと。

一風変わってはいるものの、ひとつの家族のような暖かさに触れ合える。そんな場所です。

彼らの船出はまだまだ始まったばかり。

この大海原をどんどん駆け巡ってほしいものだなと思いました。

以上、黒船デイサービス3号・出航式でした。

 

さようなら